ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

<2017.9.12更新>

 

前回の記事はこちら↓

SEO対策講座 【初級編】 第1回  「タイトルタグ を設定しよう」

 

今回は、SEO対策(検索エンジン最適化)に必要な 「キーワードの選定方法」について、ご説明します。

 

前回も書いたとおり、「ライバル企業があまり注目していなくて、お客様が良く検索するキーワード」が良いキーワードになります。

 

たとえば、私はWebコンサルですから、「SEO対策」というキーワードで、私のWebサイトがトップになれば嬉しいです。

 

しかし、このようなキーワードは、ライバルが多いのが容易に想像つくでしょう。 このようなキーワードで検索結果で上位表示させるのは、並大抵の努力ではできません。

 

かと言って、「お客様が全く検索しないキーワードで上位表示」 できたとしても、それは全く無意味です。

 

だからこそ、「ライバルが少なく、それでいてお客様が検索してくださるキーワードを見極めることが重要なのです。

 

それでは、具体的には、どのようにすれば良いか?

 

———————————————–

(1)まずは、顧客の気持ちになって考える ~ 実際のお客様に、どのようなキーワードで検索しているかを聞くことも非常に有効です。

 

(2)その商品に関する雑誌や書籍などを読む

 

(3)類語辞典を使う ~WEB上にも類語辞典はあります。

 

(4)リスティング広告を出稿し、売れるキーワードを見極める。

———————————————–

 

などが基本的な戦略になります。 また、キーワードは、よほどマニアックなものを除いて、1語だけではなく、2~3語で考えるのが良いでしょう。

 

これを複合キーワードと言いますが、一説によると、毎回一語だけで検索する方は、全体の5%しかいない、というお話しもあります。

 

たとえば、あなたが花屋さんだったとします。

 

「花」という単語を検索キーワードにしたら、どうなるでしょうか? 確認したところ、本日現在、検索結果では24億個以上のWebサイトが出てきました。

 

普通に考えても、この「花」というキーワードで上位表示するのは難しいでしょうし、そもそも「お花を買いたい」と考えている方が、「花」とだけ入力して調べるでしょうか?

 

おそらく、実際の花屋さんで購入したい方は、例えば、中央区にお住まいの方なら、「花 中央区」「花屋 中央区」 などと入力するでしょう。

また、通販で買いたい方は、「花 通販」と入力するかも知れません。

 

いかがでしょうか? そのように検索エンジンで入力される方の方が、よほど購入に繋がる可能性が高いですよね。

 

しかも、そちらのキーワードの方が、ライバルが少なく上位表示しやすいでしょう。 ぜひ、あなたも「顧客目線」で、キーワードを検討してみてください。

 

それでは、次回は、検討したキーワードが「どのぐらいのボリュームで検索されているか」調べる方法を お伝えします。

 

 

次回の記事はこちら↓

SEO対策講座 【初級編】 第3回 「検索キーワード が、どれぐらい検索されているかを調べる」