ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

Googleのパンダアップデートが、日本語の検索エンジンにも反映されました。

 

パンダアップデートとは、Googleの検索アルゴリズムのアップデート版であり、「過度にSEOを施した、内容のないWEBサイトの検索順位から落とし、本当に付加価値を提供しているサイトを上位にもってくる」というのがその目的です。

 

AIを駆使した、相当緻密なアルゴリズムなのでしょう(もちろん、Googleは、パンダアップデートのアルゴリズムの中身を公開していません)

 

ちなみに、「パンダ」とは動物のことではなく、この開発の中心人物の名前です。

 

英語の検索エンジンでは、パンダアップデートは2011年の2月に導入されたのですが、日本語版は、1年6カ月遅れの導入となりました。

 

SEO情報に詳しい海外SEO情報ブログでは、もし、あなたのWEBサイトが、7月18日を境に、検索エンジンからの流入が激減していた場合、下記のことをチェックするよう勧めています。

 

中身の薄いコンテンツでなかったか
単純にページを量産しているだけでなかったか
深く掘り下げた情報を提供していたか
サイト内に同じようなページばかりでなかったか
他のサイトに同じコンテンツが存在していないか
ECサイトであれば、商品説明がメーカー配布のコピーだけでなかったか
不動産サイトであれば、物件情報だけでなかったか
アフィリエイトサイトであれば、数行の説明とアフィリエイトリンクだけでなかったか
広告の配置や数、色がユーザーの閲覧の妨げになっていないか

 

要は、「ユーザー視点」のコンテンツが掲載されたWEBサイトになっていたかどうか、ということですね。

 

今後も、最良のSEOは「コンテンツを充実させる」しかありえないのでしょうね。

その他の対策は、上記基本を押さえた上で・・・ということでしょう。

 

 

2012年7月18日、パンダアップデートが日本語にも遂に導入。一部で大きな順位変動あり。 | 海外SEO情報ブログ