ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

<2017.3.6 更新>

「Webマスターツール」は「サーチコンソール」と名称変更しました。

基本的な機能に変更はありません。 

 

前回の記事はこちら↓

SEO対策講座【初級編】 第6回 サテライトサイト を作ろう

 

 

SEO対策講座、第7回です。

 

WEBやブログを管理されている方、グーグルのSearch Console(サーチコンソール)をお使いでしょうか?

 

グーグルが提供している、WEB管理担当者のためのツールです。

このツールを使えば、グーグルの検索エンジンに、確実に自分のWEBサイトを登録できます。

 

また、自分のWEBサイトが、ネットユーザーから

 

「毎日、どのようなキーワードで、何回ぐらい検索されているか」

 

「どのようなキーワードで、検索順位の何番目に表示されているか」

 

「どれぐらい、他のサイトからリンクをもらっているか」

 

などを分析することもできます。

 

※特に、上記2番目の「検索順位の表示」は近年、重要になってきています。

 

というのも、Google アナリティクスという無料の分析ツールがあるのですが、以前は、そのツールで「ユーザーが、どのようなキーワードで検索し、自分のサイトへアクセスしたか」を知ることができました。

 

しかし、現在では、各検索エンジンが暗号化通信を実装することにより、アナリティクスのツールでは、ユーザーが検索したキーワードが分からなくなっています。

 

そのため、サーチコンソールの「検索順位の表示」機能を使って、「ユーザーが検索したキーワードを推測」することが重要になってきているのです。

 

また、その他のサーチコンソールの機能として、、過剰なSEO対策を実施しているときなど、グーグルからの警告が表示されるものなどもあります。

 

WEB管理者、必携のツールと言って良いでしょう。

 

ウェブマスター – Google

 

イメージ322

 

 

イメージ323

 

 

イメージ324

 

 

イメージ325

 

イメージ326

 

イメージ327

 

 

次回の記事はこちら↓

SEO対策講座 【初級編】 第8回 サイトマップを登録する