ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

<2017.3.6 更新>

以下の記事で「ウェブマスターツール」は「サーチコンソール」と読み替えてください。

(ツールの名称が変更になりました) 

 

前回、グーグル ウェブマスターツールの説明をしました。

今回は、そのウェブマスターツールを使って、あなたのWEBサイトのサイトマップをグーグルに登録する方法を説明します。

 

普通、サイトマップというと、「あるWEBサイトを訪れた時に、訪問者が、そのサイトの中身一覧を確認する」 ための物ですよね。 つまり、「人間が見るもの」です。

 

今回のサイトマップは、検索エンジン向けのサイトマップのことです。

目的は、訪問者向けのサイトマップと同じ。 つまり、グーグルがあなたのWEBページの更新状況をチェックしに来た時に、「サイトの全体像を分かりやすく教えてあげる」という目的なのです。

 

グーグルは、検索エンジンとして世界中のWEBの情報を登録するために、世界中のサイトの更新情報を日々、チェックしています。この行為を「クロール」という訳ですが、サイトマップを登録することにより、グーグルがあなたのサイトをすみずみまできちんとクロールしてくれるわけですね。

 

これは、SEO的には非常にインパクトが大きいことですので、ぜひ実行してください。 以下に手順を示します。

 

 

(1)サイトマップ作成ツールで、サイトマップを作る

 

以下のツールを使って、まずはサイトマップ(sitemap.xml)を作ってください。

 

 

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

イメージ316

 

 

 

(2)サイトマップをウェブマスターツールから送信する

 

既に、あなたのサイトがウェブマスターツールに登録されている場合、そのサイトのダッシュボードから

右側の「サイトマップ」メニューを選択します。

画面が遷移しますので、「サイトマップの追加」を実行します。

 

イメージ400

 

まだ、あなたのサイトがウェブマスターツールに登録されていない場合は、前回の記事を読んで、まずは登録してみてください。

 

次回の記事はこちら↓

SEO対策講座 【初級編】 第9回 グーグル アナリティクスを導入しよう