ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

2012年7月18日に、日本語圏においても、Googleのパンダアップデートが実施されました。

 

パンダアップデートの詳細は、以下のとおりです。

 

パンダアップデートとは、Google検索結果の品質を高めるために実施している検索アルゴリズムアップデートの名称です。

ユーザーがより質の高い検索結果を得られるよう、検索エンジンの仕組をより良いものへ更新することです。別名を「ファーマーアップデート」といいます。

パンダアップデートの特徴は、

●他のサイトのコンテンツをコピーしただけの役に立たないサイト、ユーザにとって価値のないサイトなどの低品質なサイトの順位を下げる

●調査・研究結果、詳細レポート、思慮深い分析などのオリジナル性のあるサイトの順位を向上させる

出典:

パンダアップデートとは – SEOの心得&用語説明 | SEO診断ツール itomakihitode.jp

 

さて、このパンダアップデートが実施されて、数日後より、検索エンジンでの表示回数が、実に検索エンジンの表示回数が3~4倍以上も増大しているWEBサイトが多く出ているようです。

 

私の管理しているサイトも、ウェブマスターツールで確認すると、表示回数が大幅に増えていました。

 

webマスター・パンダアップデート

 

やはり、他から丸写しのコピーサイト、テキストが少ないWEBサイトなどが軒並み順位を落としたため、 コンテンツをしっかり蓄積していく戦略を取っているWEBサイトが、相対的に高く評価されるようになってきたようですね。

 

メインのWEBサイトはもちろん、サテライトサイトも、コンテンツを充実させ、ユーザーにとって価値ある情報を提供できないと、被リンクの効果もなくなるのでしょう。

 

まさに、「お金を掛けずに頭を使う」、そのようなSEO対策が、ますます、求められるようになってきた、と言えるのでしょうね。