ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

私は時々、facebook広告を利用しています。

 

下記のような広告を発信しています。ご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

イメージ428

 

<2017.3.10更新:現在は上記メール講座の募集は中止しております>

 

このfacebook広告、facebookユーザーが利用しているPC画面の右側に表示されますが、実は、広告を表示させるだけであれば、無料です。

 

「クリック型課金」といって、クリックされた回数分だけ、課金が発生します。

 

ちなみに、広告管理画面は、以下のような感じです。

イメージ427

 

上記画面の見方ですが、

 

「キャンペーンのリーチ」:659,426人の方の画面に表示した、ということです。

「頻度」:上記人数の画面に、平均6.0回、表示したということです。

「クリック数」:1,085回クリックされたということです。

「CTR」 :表示回数に対するクリック数の割合です。

「広告費用」:実際に発生した広告費の実績です。

1クリックあたり平均100円強なので、上記のような金額になっています。

 

 

続いて、画面右下の「ターゲット設定」をみてください。

 

この広告のターゲットが「6,121,700人」と表示されています。

 

これは、私が広告のターゲットを「東京または千葉に住み、18~60歳の方」と、絞り込んだ結果なのですね。

 

つまり、600万人強のターゲットユーザのうち、現在まで約66万人の画面に平均6回表示され、約1,100回クリックされた、ということです。

 

費用は約11万5,000円。

 

これは、従来の紙メディアに比べ、非常にコストパフォーマンスが高いことが分かると思います。

 

そして、更にコストパフォーマンスを高くするポイントですが・・・・

 

その前に、まず、この広告をクリックしたら、どのようなWEBページに飛ぶと思われるでしょうか?

 

 

答えは、メール講座の登録ページです。

 

私の意図は、「広告をクリックして頂いた方に、メール講座に登録して欲しい」と考えているわけです。

逆に言うと、「メール講座に興味がなく、登録されない方には、広告をクリックをされたくない」とも考えることができます。

 

何故なら、「クリックされる毎に、費用が発生するから」ですよね。

 

つまり、「もっともコストパフォーマンスが良い広告」にするためには、

明確な見込み顧客以外はクリックしないような、ターゲットを絞り込んだ広告(画像・文面)などを作成するべきなのです。

 

いかがでしょうか? 本当に有望な見込み顧客だけがクリックしたくなるような内容にする・・・・・これが、facebook広告のコストパフォーマンスを最大にする方法です。

 

とは言っても、最初から、なかなか「有望顧客のみがクリックしてくれる広告」なんて考え着くものではありません。

 

私の場合は、広告をクリックして頂いた方には、できるだけ多くの方にメール講座に登録して欲しい、と考えています。

 

最近でこそ、高い確率でメール講座に登録して頂けるようになりましたが、

最初の頃は、登録率が非常に低く、色々試行錯誤して文章を変えてみたり、画像を変えてみたり、実験を繰り返したものです。

 

少しずつ、自分の仕組みを精緻化していく・・・・まさにマーケティングのPDCAと言ったところですよね。