ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

WordPressは、今や、事実上、世界標準のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と言えます。

 

WordPress.comの公式統計情報には、世界中で5,400万サイト以上がWordPressで制作されていることを示しています。

 

イメージ529

 

CMSでは、簡単に、WEBサイトを更新したり、管理したりということができます。

 

WordPressは、もともとはブログツールですから、ブログ並みの簡易さで、WEBサイトを管理できます。

 

ですが、現在、その機能は「単なるブログ」に留まりません。

 

以下、世界中のWEBサイトで、どのぐらいCMSやWordPressが使われているのか、見てみましょう。

 

イメージ527

 

イメージ526

 

 

イメージ528

 

以上、出典:

WordCamp Kobe 2011 おつかれさまでした! #wckobe – ja.naoko.cc

 

以上、数字から観るだけでも、明らかに「WordPressは、CMSの世界標準」であり、もっと言えば「WEBサイトを運営するインフラとしての、世界標準である」ということが言えるわけです。

 

では、どうして、ここまでWordPressの人気が高まったのか?

 

 

(1)完全無料のオープンソースソフトウェアである

 

商用でも無料で利用できます。

 

(2)プラグインを利用すれば、様々な拡張が可能

 

世界中の開発者より、様々なプラグインが提供されており、機能拡張も容易です。

 

(3)SEOに強い

 

2009年にサンフランシスコで行われたWordPressのイベントでは、Googleの技術者が登壇し、「WordPressではSEOの8割~9割が考慮されている」と述べています。

 

(4)インストールや管理も簡単

 

WordPressはインストール型のツールですので、利用するためには、レンタルサーバなどを用意して、そこにインストールする必要があります。

 

もともと、インストールはそんなに難しくなかったのですが、

今ではWordPress人気も手伝い、日本でも多くのレンタルサーバ業者が「WordPressのワンタッチインストール」を謳っています。

 

もはや、「誰でもインストールできる」といっても過言ではありません。

 

(5)様々な情報が入手しやすい

インストールや日々の更新・運営は、「ブログを更新できる」だけのスキルがあれば、WordPressを十分に扱うことができます。

 

ただ、自社用の企業サイトなどを構築する場合は、

WordPressのカスタマイズや、別の知識(グラフィックソフトで画像を処理するなど)が必要になってきます。

 

ですが、現在、世界でもっともメジャーなソフトなので、WEBや書籍でも、非常に情報が入りやすいのが特徴です。

 

 

いかがでしょうか? 自社で「WordPressで Webサイトを構築し、日々運営しながら、集客できる、繁盛サイトを作成する」・・・・ぜひ、あなた(貴社)もトライしてみませんか?