ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

そもそも、「Web集客~顧客育成」までが「しくみ化」できている、とは、どういう状態のことでしょうか?

 

もちろん、業種によっても違うでしょうが、例えば、ある業種においては、下記のような状態が1つの目安になるのではないでしょうか?

(1)あなたのWEBサイトが、1日あたり数百~数千のアクセスがある

 

(2)月に5~10数件の問い合わせが入り、そのうち何割かが新規成約に結び付く

 

(3)メルマガやメール講座の購読者が数千~数万おり、そこで発信するあなたの専門分野に
関する情報を定期的に購読して頂けている 購読者に対する投げかけ(イベント告知)等に対し、一定の反応がある

 

(4)facebookなどのソーシャルメディアにおいて、「一般のお友達」以外のクライアントや
見込み顧客等とも繋がり、日々、有益な情報発信などを通し、関係性を深めている

 

(5)更に関係性が深くなった顧客とは、ビジネス以外のイベント(無料相談、交流会、セミ
ナー等)においても、フェース・トゥ・フェースの関係となっている

 

(6)十分にあなたのファンとなった優良顧客は、自ら進んで、あなたの会社やお店の宣伝をし
てくれている(この状態を、「宣教師」と言います)

 

(7)あなたの会社・お店を中心としながらも、優良顧客同士が結びつきあい、彼ら同士で新し い付加価値を生み出している

いかがでしょうか。

このような状態が確立され、それぞれのフェーズが有機的にむすびついてこそ、「しくみ化ができている」と言えるのではないでしょうか。

 

そしてまた、このような状態を確立するためには、技術があるだけでは到底駄目なのはお分かりでしょう。

 

単なる「WEBアクセスアップ(SEO)」や「メルマガ発信」、「facebook活用」では、「しくみ化」は不可能です。

 

そこには、「おもてなし」のマインドはもちろんのこと、

 

あなたの会社やお店の独自の強み(USP)を徹底的に洗い出し、

 

セールスライティングの技術を使って、100%有効に、独自の強みを訴求できなければなりません。

 

そして、あなた自身の人柄・安心感・信頼性を高めるために、日々の専門的な情報・お客様に喜んでもらえる情報の発信を始めとした、ブランディングを行うことも重要です。

 

そして、そのブランディングこそが、あなたの持つ「おもてなしの心」を具現化した、つまり、お客様に判りやすく表現した形といえるでしょう。

もし、あなたの会社やお店が「努力しても結果がでない」とお考えなら、「本当に正しい方法論にしたがって努力しているのか」を点検してみてください。

 

「努力しない」事業は、決して結果を出せませんが、「努力しても結果がでる」とは限りません。

「それが本当に顧客の心に響く努力であるか」・・・方法論が正しいかどうか、ぜひ振り返ってみることをお勧めします。