ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

昨日(11/25)深夜に、フジテレビ系の情報番組の中で放送された再現エピソード

「バスとあかちゃん」

を、ご覧になった方、いらっしゃいますか?

 

あらすじだけかくと、

「赤ちゃんを連れた若いお母さんが、赤ちゃんがバスの中で泣き叫ぶので、やむなくバスを降りようとしたところ、

バスの運転手と他のお客様のご好意により、一緒に目的地まで、そのバスに乗って行くことができた」

というお話しです。

この、あらすじだけ読むと、

 

「良くある、ちょっとイイお話しだね~」

 

で終わってしまいますが、

実際の10~15分程度の再現映像を見た方は、心を打たれたのではないでしょうか?

・・・不覚にも、私は涙が止まりませんでした。。。

 

 

さて、実はここに、

「WEBやソーシャルメディアで成功するためのヒント」

が隠されています。

 

それは

 

「物語力」の重要性

 

です。

 

みなさんは、様々な文章を書くとき、「簡潔に書くべきか、詳しく書くべきか」迷うことがあると思います。

 

結論から言えば、「文章を短く書くか、詳細に書くか」は、ケースバイケースなのですが、あきらかに「詳しく」書くべき場合、それは、

 

「頭ではなく、感情に訴えたい場合」

です。

つまり、「あなたの思い、情熱、思いやりの気持ち」・・・そういったモノは、簡潔に書いても、相手には伝わりません。

 

なぜなら、簡潔に書くことにより、「どこにでもある話」になってしまうからです。

 

「どうして、あなたがそう考えるに至ったのか」

「あなたは、そのために、現在、どんなことに取り組んでいるのか」

「そしてあなたは、将来、どういった状態を目指しているのか」

・・・こういった、ことを超具体的かつ、生き生きと語る力、それが「物語力」です。

いかがでしょうか。

 

単なる「文章力」を超えた「物語力」・・・

 

これが、WEBやソーシャルメディアで、多くの方に共感頂き、あなたの思い、情熱を適確に伝えるために、決して欠かせない力なのです。

 

もちろん、「物語力」は、一般のブランディングやマーケティングにも必要ですが、WEBやソーシャルメディアでのブランディング、マーケティングにおいては、さらに重要です。

 

なぜならば、ネットという媒体を通して実施するブランディング・マーケティングは、「文字情報」の果たす役割が、相手と対面して行うそれよりは、はるかに大きな影響力をもっているからです。

 

私がコンサルティングしている「WEB集客や顧客育成」においても、実は、「一般的なWEBテクニック」よりも、以上のような「物語力」の養成に一番、力を注いでいます。

 

もうご理解頂けたと思うのですが、WEBマーケティング・ブランディングにおいて、「物語力」は、もっともキーになる部分ですし、この部分は、「私にしか教えられない」と自負しているからです。

この「物語力」についても、今後、facebookやメルマガ、ブログなどで、どんどん発信して行きたいと思っています。

 

ぜひ、みなさんのご参考になれば、幸いです。