ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

「銀座ルノアール」とは何か?

 

これは非常に難しい問題である。

 

銀座ルノアール
銀座ルノアール

 

 

 

そもそも、「銀座ルノアール」という店舗は存在しない。これは社名である。

 

あるのは、「喫茶室ルノアール」か「cafeルノアール」だ。

 

他にも「ミヤマ珈琲」や「NEWYORKER’S Cafe」も銀座ルノアール社の店舗である。

 

また、フランチャイズ展開を図るブレンズコーヒーの運営会社は、銀座ルノアールの子会社である。

 

銀座ルノアールは、もともとはボランタリーチェーンであった。

 

ボランタリーチェーンとは、wikiペディアには以下のようにある。

多数の独立した小売事業者が連携・組織化し、商標使用・仕入れ・物流などを共同化し、これを行う形態のことを指す。 これにより、仕入先との取引が大口化され、仕入れ単価の引き下げが期待できる。

もともとは、銀座ルノアールも、多くの小売事業者の集まりだったわけだ。

 

現在存在する店舗のほとんどは、東京都中野区に本社を持つ「株式会社銀座ルノアール」の店舗だが、一部、資本が異なる「喫茶室ルノアール」の店舗が存在する。

 

例えば、神保町にある「喫茶室ルノアール」の店舗は、銀座ルノアール社の店舗ではない。そのため、銀座ルノアール社の店舗には必ず設置されている無線LANサービスは、神保町店には設置されていない。また、メニューも独自である。

 

メニューは良いとして、無線LANがないことを知った時、私は絶望した。・・・・PCで仕事をする必要に駆られて神保町店に飛び込んだのに・・・私は泣いた。

 

そしてまた、銀座ルノアールと言えば、「ウエイトレスが全員未亡人」という都市伝説にも触れなければならない。

 

実は、この都市伝説、正確には「喫茶室ルノアール」や「cafeルノアール」に関するものではない。

 

前述のボランタリーチェーンの1社を起源とする「談話室滝沢」という喫茶店に関する都市伝説である。

 

同じボランタリーチェーンだったということで、「喫茶室ルノアール」と「談話室滝沢」は、名称が違っても、内装などはウリ2つであった。

 

現在は「談話室滝沢」は存在せず、関係が深く著名な「喫茶室ルノアール」の都市伝説として混同されたものが広まったもの、と推測される。

 

それにしても、「喫茶室ルノアール」に行くたびに私は迷う。

 

「ルノアールブレンド」「ルノアールビターブレンド」「ルノアールアメリカンブレンド」・・・・この3つからどれをチョイスするかと言うことを。

 

銀座ルノアール系列の全ての店舗には、無線LANと電源が用意されている。

 

これは、フルサービス型の「喫茶室ルノアール」などに限らず、セルフサービス型の「NEWYORKER’S Cafe」でも同じである。その意味で、「NEWYORKER’S Cafe」は同じシアトル系カフェであるスタバやエクセシオール、タリーズなどに勝っていると言えるだろう。

 

現在、私が住む八王子市には「喫茶室ルノアール」がないのは残念であるが、調布駅前には、「NEWYORKER’S Cafe」がある。

 

<2017/3/17 更新>

現在は、JR八王子駅前にルノアール店舗ができています。K社長、ありがとうございます!

 

そこが最近の仕事場になっていることは、言うまでもないだろう。

 

会社員、ノマド、個人事業者、士業、編集者…多くの方の憩いの場、打ち合わせの場として、銀座ルノアール社の店舗は今後も輝き続けるだろう。

 

が、銀座ルノアール社の魅力は、それだけにはとどまらない…。

 

実は、2007年には、「去年ルノアールで」というテレビドラマにもなった。

 

<2017/3/17 更新>

この「去年ルノアールで」の主役は、なんと今をときめく星野源!

私も先日知ったばかり・・びっくりしました!

http://www.tv-tokyo.co.jp/renoir/story.html

 

 

・・・語り出すときりがない。

 

最後に、私が最も愛した「喫茶室ルノアール」の店舗について話そう。

 

私は、2013年2月、つまり今から約9か月前まで、墨田区両国に住んでいた。そこからJRで2駅、JR亀戸駅前にあった「喫茶室ルノアール 亀戸店」は、その広い店内。そしていつ行ってもゆったり過ごせる空間が贅沢で、本当に、その中で仕事をしているときは至福の時間だった。

 

どれだけ長居しても文句も言われず、お茶とお水を絶妙なタイミングで交換してくれる。

 

こちらも、店内が混む時間があれば恐縮もするが、そんな時間帯はないので、懸念なく仕事に集中できる。

 

私は、資料作成をする時は毎度のように同店に通った。

 

夢のような店舗、あぁ、喫茶室ルノアール亀戸店・・・。

 

残念ながら、私が八王子に引っ越してからは、同店に行くことは無くなった。

 

そして先日、錦糸町方面によることがあったので、9か月ぶりに同店を訪れることにした。 なぜか、初恋の女性に再会するかのような、胸の高まり…

 

喫茶室ルノアールが入っていたビルの前まで到着した私は、同店が入っていたフロアを見上げた。

 

そこは定食屋の「大戸屋」になっていた。(了)