ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

ブログを書かれている方にお聞きします。

 

あなたは、ブログのタイトルに検索キーワードを含めていますか?

 

集客目的でブログを書く場合、ブログのタイトルに検索キーワードを含めることは大切です。

 

「見込み顧客に役に立つ記事を書こう!」

 

と日々頑張って書いた記事も、顧客に見つけてもらわなければ、お話になりませんよね。

 

ブログの内容と同じぐらい、検索エンジンの検索で見つけてもらいやすいタイトルをつけることは大切です。

 

見つけてもらいやすいタイトルとは、検索キーワードを含めたタイトルのことです。

 

そして、検索キーワードとは、

 

「あなたの見込み顧客が、あなたの商品やサービスを探す際に、検索エンジンに入力するだろう」

 

と想像できるキーワードです。

 

ただし、これは自分で勝手に決めてはいけません。

 

ある程度以上の「月間検索ボリューム」のあるキーワードを含めることが大切です。

 

「月間検索ボリューム」とは、「そのキーワードが、1か月に何回ぐらい検索されているのか、その回数」のことです。

 

月間検索ボリュームの調べ方は、これまで、Googleのリスティング広告(正式名称をGoogle AdWords といいます)の運用システムに含まれるツール「キーワードプランナー」で調べることが一般的でした。

 

ざっくり言うと、Googleのリスティング広告を出稿したいと考えている人が、

 

「自分が出稿したいキーワードは、1か月に何回ぐらい検索されているのだろうか」

 

ということを調べるツールです。

 

たとえば、「キーワードプランナー」や「検索キーワード」というキーワードは、1か月に何回ぐらい検索されているかというと、

 

キーワードプランナー
月間検索ボリューム数が表示されている

 

 

上の図のように表示され、それぞれ40,500回、1600回であることがわかります。

 

非常に便利ですよね。

 

このキーワードプランナーは、前述のとおり、Googleのリスティング広告を出稿する人のための調査ツールという位置づけなのですが、

 

広告を出稿しない人でも、Googleアカウント(G-mailアドレス)を持っていれば、誰にでも使えるということがポイントです。

 

そのため、リスティング広告を出稿しないブロガーなども、多くの方が利用しています。

 

いや、正確には、「利用していた」という表現が正しいのかも知れません。

 

実は、昨年の夏ごろ、異変が起こりました・・・・

 

下記のキーワードプランナーの画面をご覧ください。

 

キワードプランナー
月間検索ボリュームが、ざっくりした数値となっている!

 

 

さきほどの図と同じく、「キーワードプランナー」と「検索キーワード」というキーワードの月間検索ボリュームを調べたものです。

 

よく見ると、なんと

 

・「キーワードプランナー」→1万~10万

・「検索キーワード」→1,000~1万

 

と、無茶苦茶ざっくりとした表示に変わっています!

 

ネット上でも、多くの方が、その異変に気付きました。そして、Googleから詳細な説明があったわけでもありませんので、戸惑っているようでした。

 

 

実質有料になったキーワードプランナー

 

先に挙げたキーワードプランナーの画面は、どちらも数日前(2017年2月)にキャプチャーしたものです。

 

どうして、同じ時期に調査した同一キーワードの月間検索ボリュームが異なっているのでしょうか?

 

実は、この2つの画面、私がGoogleアドワーズのリスティング広告を管理しているお客様2社のアカウントを利用してログインし、それぞれのアカウントでキーワードプランナーを使ってみたものです。

(お客様からはご了承を頂いています)

 

先に挙げた、検索ボリュームが細かく分かる画面は、現在も毎月リスティグ広告を出稿しているお客様のアカウントのものです。

 

そして、後に挙げた、ざっくりとした数値しか検索ボリュームが分からない画面は、ここ数か月間、広告出稿を休止しているお客様のアカウントのものです。

 

つまり・・・

 

Googleは、広告費を払っていないアカウントには、ざっくりとした数値しか見せないようにした。

 

ということです。

 

まぁ、Googleも営利企業ですから、価値あるサービスには正当な対価を求めることは当然かも知れませんが、

 

もう少し前から告知をするなど、丁寧なご対応を頂ければよりよかったのに・・・という気がします。

 

いずれにしても、無料で使っていた方からすると、ショッキングな出来事だと思います。

 

 

キーワードプランナーが使えない今、代わりとなるツールはないのか?

 

私(弊社)は、多くの会社のWeb広告出稿の代行をしていたり、また弊社自身もリスティング広告を出稿していますので、現在でも問題なくキーワードプランナーを使えています。

 

ただ、趣味でブログをされている方などは、いきなり有償と言われても辛いものがあるかも知れません。

 

そこで、キーワードプランナーの代替として使えるサービスをご紹介します。

 

aramakijake

 

というサービスです。

 

  • aramakijake
    aramakijake

 

下図がaramakijakeの画面です。aramakijakeは、GoogleとYahoo! どちらの月間検索ボリュームも表示されるところが、キーワードプランナーにもなかった良いところです。

 

  • aramakijake画面
    aramakijake画面

 

また、図にもあるとおり、検索結果の順位が1~10位のいずれかになった場合、どの程度のユーザーの流入が見込めるのか、を表示してくれる機能もあります。

 

一方、キーワードプランナーより劣る点としては、Googleのデータを使っているわけではないので、あくまで推測であること、

 

そして、キーワードを1つずつしか入力できないことです(キーワードプランンナーは、複数のキーワードを同時に入力できます)。

 

特に後者は、ちょっと手間が多くなってしまいそうです。

 

 

以上、ざっくりとですが、aramakijakeのご紹介でした。

 

 

まとめ Googleアドワーズに出稿してみるのも良いかも知れません。

 

キーワードプランナーが使えなくなった件、ネットでも色々な方が言及しており、様々な検証記事も出ています。

 

そのような検証によると、

 

「毎月、数百円でも広告出稿をすれば、以前のようにキーワードプランナーに詳細な結果が表示されるようになる」

 

とのことでした。

 

ですので、これまでキーワードプランナーを使いこなしていたい方は、これから少額でも広告出稿を始めてみる、という手もあるでしょう。

 

実際に広告を出稿することにより、入手できるデータもあります。

 

一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

逆に、「月間検索ボリューム数の調査は、月に何度か使えれば十分」という方は、aramakijakeに乗り換えてもよいかも知れません。

 

ご自身の都合に合わせて、ツールを選択して欲しいと思います。