ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

こんにちは。

 

今回は、検索キーワードの候補を見つけるうえで、便利に使えるツールをご紹介します。

 

まず、成果が上がる検索キーワードを見つけるための流れ(全体像)としては、

 

 

(1)無料ツールを使って、大量の検索キーワード候補を、効率的に抽出する

 

 

(2)それらのキーワードのうち、マーケティング目標に寄与するものを抜き出す

 

 

(3)マーケティング目標に寄与するキーワードは、それぞれ、どれぐらいの回数検索されているか(=検索ボリューム)を調べる

 

 

(4)適切な検索ボリュームのキーワードを選び、そのキーワードで上位表示が可能かどうか、競合を調べる

 

 

という形になります。

 

以上のうち、今回は(1)で利用する無料ツールをご紹介します。

 

なお、「成果が上がる検索キーワードの選び方」について、基本的な考え方は、以下の記事をご覧ください。

 

・「検索キーワードの選び方 |  成果の上がる検索キーワードを探す方法」

 

 

 

1.キーワードプランナー

 

「キーワードプランナー」は、Googleのリスティング広告(正式名称:Google AdWords)の運用システムに含まれるツールです。

 

このツールは、以前の記事(ブログのタイトルに入れる検索キーワードを、キーワードプランナー以外から調べる方法)で説明したように、現在、無料利用の場合、月間検索ボリュームの精度が低くなっています。

 

しかし、関連キーワードを抽出するツールとしては問題なく使えますので、試してみてください。

 

・キーワードプランナーの利用方法(Googleアカウントが必要です)

 

①以下のURLからログインします。

すでにGoogleアカウントにログインしている場合は②の画面が出ます。

https://adwords.google.com/KeywordPlanner

 

キーワードプランナー
キーワードプランナー ログイン

 

 

②ログインすると、以下の画面が表示されます。

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」を選択します。

 

キーワードプランナー 初期画面
キーワードプランナー 初期画面

 

 

③「宣伝する商品やサービス」の入力ウインドウに任意のキーワードを入れます。その後、「候補を取得」を選択します。

 

キーワードプランナー 入力
キーワードプランナー 入力

 

 

④画面が遷移し、関連キーワードが表示されます。

 

関連キーワード表示
関連キーワード表示

 

 

 

2.aramakijake

 

「aramakijake」は、任意のキーワードを入力して、そのキーワードの検索ボリュームを確認するツールです。

 

前述のとおり、キーワードプランナーの無料利用では、検索ボリュームの精度が低くなりましたので、代替としてaramakijakeを利用している人も多いようです。

 

aramakijakeには、検索数だけでなく、関連語の一部も表示されるので、そちらも一緒にチェックできる点が便利です。

 

aramakijake
aramakijake

 

http://aramakijake.jp/

 

 

 

3.関連キーワード取得ツール

 

Googleサジェスト機能の他、Yahoo!知恵袋、教えて!gooなどのQ&Aサイトの情報から関連キーワードを取得できるツールです。

 

サジェスト機能とは、他の利用者の動向や、データベースから自動抽出した関連キーワードを、システムが表示させる機能のことです。

Googleの場合は、検索結果とともに関連キーワードが表示されますが、これがサジェスト機能です。

 

関連キーワード取得ツール
関連キーワード取得ツール

 

http://www.related-keywords.com/

 

 

 

4.goodkeyword

 

Googleサジェストの他、Bing、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天などから関連キーワードを抽出します。

 

先に紹介した「関連キーワード取得ツール」と補完的に使うことにより、浅く広くキーワードを集めることが可能なります。

 

goodkeyword
goodkeyword

 

http://goodkeyword.net/

 

 

 

5.Weblio類語辞典

 

入力したキーワードに関する同義語、同意語などを表示します。

さらに、しっくりとした類語が見つからない場合、表示された類語に対する類語を

表示するなどの深堀もできます。

 

例:「集客」と入力 → 類語の1つとして「動員」と表示 → 「動員」の類語を表示 など

 

Webllio類語辞典
Webllio類語辞典

 

http://thesaurus.weblio.jp/

 

 

 

6.連想類語辞典

 

こちらも類語辞典です。機能的には前述のWeblio類語辞典と同等ですが、表示される類語に異なるものもありますので、両者を補完的に使うとよいでしょう。

 

連想類語辞典
連想類語辞典

 

http://renso-ruigo.com/

 

 

 

7.共起語検索

 

「共起語」とは、あまり聞きなれない用語かも知れません。

 

Wikipediaでは、「共起」は以下のように説明されています(以下引用)。

 

共起(きょうき)は、ある単語がある文章(または文)中に出たとき、その文章(文)中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。 

(中略) 

日本語の例では「崩御する」という単語に「天皇が」という言葉が多く用いられることや、他に他動詞には「を」が、「行く」には目的地を示す「に」が頻出することが挙げられる。

 

つまり、ターゲットとなるキーワードとともに、文中で使われることが多い用語のことを共起語といいます。

 

先に説明した「関連キーワード(≒利用者が、対象のキーワードと一緒に検索することが多いキーワード)」や「類語」とは異なる概念であることを理解頂ければと思います。

 

共起語検索も、浅く広く検索キーワード候補の幅を広げるために利用できます。

 

共起語検索
共起語検索

 

http://neoinspire.net/cooccur/

 

<2017/3/23更新>

共起語については、より詳しい説明を記事にしましたので、以下もご参照ください。

 

関連記事:共起語とは何か ~SEO対策で有利になる共起語の使い方

 

 

8.cotoha.com トピックス

 

「cotoha.com トピックス」は、ターゲットとなるキーワードに関するニュースや記事、Q&A情報(Yahoo!知恵袋、教えてgoo)などをまとめてチェックできるサービスです。

 

関連する情報の中から、検索キーワード候補になりそうなトピックを探すのに便利です。

 

cotoha.com トピックス
cotoha.com トピックス

 

http://cotoha.com/

 

 

 

まとめ

 

今回は、検索キーワード候補を広く浅く抽出できるツールをご紹介しました。

 

効率的な検索キーワード選びは、いかに大量の候補を抽出して、そこからスクリーニングしていくか、ということになります。

 

ぜひ、今回の記事を参考にして頂き、成果のでる検索キーワード選びにつなげてほしいと思います。