ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

私はブログを書くと、そのタイトルとURLを、自動的にtwitterに投稿する設定をしています。

 

昨日のブログ記事に対する投稿が下記です。

 

↑この投稿ですが、タイトルが堅かったのでしょうか、twitterからブログに見に来てくださるかたはゼロでした・・・><

 

しかし、本日、ちょっとコピーを変えて再投稿してみたところ、投稿直後から、なんと2桁の方がブログに来訪してくださいました・・・!

 

 

まったくもって当たり前の話なのですが、「キャッチ(タイトル)が1番重要!」ということに

、普段からもっと自覚的でなければならない・・・と考えた次第です。

 

なお、文中の「関ジャニ∞の人気メンバー・O君の事例」というのは、決して釣りではありません。

 

情報セキュリティ研修では、私は毎回、O君の事例をお話ししています。

 

今回、twitterでO君の話を出した途端、レスポンスが急に上がったのは、

 

「ゆるいネタ、サブカル、趣味的要素のあるネタに反応しやすい」

 

という、まさにtwitter向きのネタだったから、ということもあるでしょう。

 

そういう意味では、twitterはビジネスの種類によっては、使いにくい部類のソーシャルメディアと言えるかも知れません。

 

twitterで人気のある人って、140文字の短文の使い方が巧みで、いつも感心しています。

 

短文が得意な人と長文が得意な人、陸上で言えば、短距離選手と長距離選手みたいなもので、それぞれ特性があるのかも知れません。

 

あと、理性の文章ではなく、ビジュアル派はインスタグラムが合っているのでは、など。

 

あなたはどのタイプでしょうか?