ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

リスティング広告をご存知ですか?

 

GoogleやYahoo!の検索結果画面に表示されているテキスト広告のことです。

 

下図は、Googleの検索結果画面に表示されているリスティング広告です。

 

リスティング広告 画面
リスティング広告 画面

 

 

 

Googleのリスティング広告は「GoogleAdWords(アドワーズ)」、Yahoo!のリスティング広告「Yahoo!JAPANプロモーション広告」というのが正式名称です。

 

実は、リスティング広告には、上記の「検索エンジン連動型広告」のほかに、「コンテンツ連動型広告」というものもあります。

 

「コンテンツ連動型広告」とは、様々なニュースサイトやブログなどのページに、そのページの内容に連動して表示されるテキスト広告やバナー広告のことです。

 

今回は、より一般的な「検索エンジン連動型広告」について、お話ししたいと思います。

 

 

 

リスティング広告(検索エンジン連動型)のポイント

 

インターネット以前は、広告と言えば、テレビ・新聞・雑誌などが主流でした。電車の中吊りなどの交通広告と言われるものもありますね。

 

これらの広告は、現在でも使われていますが、今も昔も変わらず、多大な費用がかかっています。そのため、大企業ならともかく、中小零細企業には手を出しづらいものでした。

 

中小企業の広告といえば、地域に配布する、新聞の折り込みヤポスティングチラシなどがメインでしょうか。

 

それらも、配布部数次第で十数万円~ぐらいはすぐに費用が発生しますから、気軽に実施できるものでもありません。

 

しかし、リスティング広告は違います。

 

検索エンジンに広告を出稿するだけであれば、数千円レベルから実施することができます。

 

もちろん、うまく広告を運用すれば成果にも繋がります。

 

そのため、大企業から中小零細企業まで、企業規模に関わらず、多くの企業がリスティング広告を出稿しています。

 

現在、我が国全体の企業の広告費用の伸長は頭打ちですが、インターネット広告の実績は、年々伸びています。

そのインターネット広告の代表ともいえる存在が、リスティング広告なのです。

 

なぜ、多くの企業はリスティング広告を利用しているのでしょうか。

 

以下、リスティング広告のポイントについてお伝えしますので、ご参考になれば嬉しいです。

 

 

 

  • 広告を閲覧するユーザーの本気度が高い

 

テレビCMや新聞の広告は不特定多数の方に見てもらうことを前提にしています。

そのため、広告の商品やサービスに関心を持っている方の目に触れるとは限りません。

 

一方、リスティング広告は検索エンジンの検索結果に表示しますので、必ず、その商品・サービスに興味関心をもつユーザーだけが閲覧します。

 

たとえば、あなたが保険代理店とします。ユーザーが「生命保険 見積」というキーワードで検索した結果の画面にあなたの広告を表示するように出稿すればどうでしょうか?

 

「生命保険 見積」と入力して検索するユーザーは、生命保険について検討している方がほとんどでしょう。

 

このように、本気度が高いユーザーだけをピンポイントで狙い撃ちできるのがリスティング広告なのです。

 

 

 

  • 広告がクリックされた場合だけ費用が発生するクリック課金方式

 

実は、リスティング広告は、検索結果画面に表示しただけでは1円もかかりません。

 

広告を見たユーザーが、あなたの広告に興味を持ち、あなたの広告をクリックし、あなたのWebサイトへ訪問して初めて、費用が発生するという成果報酬に近い仕組みなのです。

 

この方式を「クリック課金方式」といいます。費用が発生する際には、かならずあなたのWebサイトへユーザーのアクセスがあるわけですから、良心的な費用形態と考えることができます。

 

 

 

  • 少額から始めることができる

 

リスティング広告では、広告を出稿する前に、あらかじめ予算を設定することが可能です。

 

たとえば、「5,000円分を予算消化したら、それ以上は出稿しない」

 

などの設定ができます。

 

リスティング広告の開始当初は小さく始めて、運用に慣れてきたリ、成果が出始めてから、予算をアップすることがお勧めです。

 

 

 

  • すぐに出稿できる

 

リスティング広告は、GoogleやYahoo!のシステムにログインして、その中で様々な設定をします。

 

広告配信の設定が完了すれば、早ければ数時間後に広告が表示されるなど、従来の広告とは比べ物にならないぐらいスピーディーな出稿が可能です。

 

 

 

  • 広告に関する詳細なデータ分析が可能

 

リスティング広告は、すべてGoogleやYahoo!のシステム上で動作しますので、広告配信に関するすべてのデータを確認したり分析したりすることができます。

 

たとえば、複数のキーワードに広告を出稿していた際、

 

「どのキーワードが成約する可能性が高いか」

 

などの分析もできます。

 

これらの豊富なデータを活用して、リスティング広告以外のWebマーケティング戦略に活用している方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

まとめ

 

今回は、リスティング広告の入門編として、リスティング広告のポイントをお伝えしました。

 

具体的な出稿の方法なども、順次ご紹介していきたいと思います。

 

よろしければ、下記記事も参考にしてください。

 

少額からスタートして、継続的に利益を出す仕組みを構築する「広告戦略」