ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

前回、Web分析における

 

「目標設定の大切さ」

 

を説明しました。

 

前回記事:【Web分析 超入門!】 ポイントを絞ったWeb分析で成果を上げる! 【目標設定編】

 

今回は、無料で使える高性能Web分析ツール「Googleアナリティクス」の使い方について説明します。

 

Googleアナリティクスというツールは非常に高性能かつ多機能なので、

 

「どのように使えばよいのか分からない」

 

という方も多いですが、初めての方は、次の3つのレポート画面だけをチェックできるようになれば十分です。

 

・「ユーザー」

・「集客」

・「行動」

 

それでは、上記3つのレポート画面の基本的な使い方を説明します。

 

Googleアナリティクスの使い方
Googleアナリティクスの使い方

 

 

 

1.Googleアナリティクス「ユーザー」レポート

 

「ユーザー」レポートでは、あなたのWebサイトに訪問したユーザーの行動(アクセス状況)を確認したり、ユーザーの属性を分析(年齢層、性別、ブラウザ種別、デスクトップorモバイルなど)したりできます。

 

今回は、ユーザーのアクセス状況を確認して、さらに時系列に比較(過去のユーザーのアクセス状況と比較)する方法をお伝えします。

 

Googleアナリティクス「ユーザー」レポート画面の使い方

 

Googleアナリティクスの基本画面の左側にメニューがあります。

 

このメニューの「レポート」の2番目に「ユーザー」の項目があります。

 

Googleアナリティクス 「ユーザー」レポート画面
Googleアナリティクス 「ユーザー」レポート画面

 

 

「ユーザー > 概要」を選んでください。

 

「ユーザー > 概要」
「ユーザー > 概要」

 

 

下図のような画面が表示されます。

 

Googleアナリティクス ユーザー画面
Googleアナリティクス ユーザー画面

 

※Googleアナリティクスの画面キャプチャーの掲載は、Goolgeより禁止されていますので、数値は隠してあります。

 

 

上記の「ユーザー」レポート画面に表示される7つの用語について説明します。

 

セッション

あなたのサイトに訪れた訪問者の数です。1人のユーザーが1度訪問してWebサイトを何ページ閲覧しても、1セッションのままとなります。ただし、いったんWebサイトから離脱したユーザーが30分以上経過後に再びあなたのWebサイトにアクセスした場合、新しい訪問とみなされ、セッション数が1追加されます。

 

ユーザーがWebサイトにアクセスする際の、もっとも基本的な指標となります。

 

 

ユーザー

あなたのサイトに訪れたユーザー数です。あるユーザーが一定期間(たとえば、一カ月間など)に何度訪問しても、1人とカウントされます。

趣味性の高いWebサイトなど、固定ファンが多いサイトは、各ユーザーが何回も訪問したりページを閲覧したりしますので、ユーザー数の割にセッションやページビューが多くなる傾向にあります。

 

 

ページビュー数

あなたのサイトの閲覧されたページの総数です。

ページビューは、サイトの目的や構成により、多くなりやすいサイト、多くなりにくいサイトがありますので、他のサイトと比較する際は注意が必要です。

 

ぺージ/セッション

ユーザーが1訪問(セッション)あたり、平均何ページ閲覧しているか、という数値です。

 

 

平均セッション時間

ユーザーが1回の訪問で、あなたのWebサイトにどの位の時間滞在しているかを計測する数値です。

なお、Googleアナリティクスでは、ユーザーが現在閲覧中のページから、別のページに移動したタイミングで、それぞれのページの閲覧開始時間の差をセッション時間とカウントします。

この場合、ユーザーがあるページからサイトの閲覧を始めて、そのページから他のページに移動せずにWebサイトを離脱した場合、セッション時間は0とカウントされます。

そのため、1ページだけ閲覧してユーザーが離脱(直帰)することが多いサイトでは、平均セッション時間が短くなる傾向にありますので、注意が必要です。

 

 

直帰率

あなたのWebサイトに訪問して最初のページを閲覧した後、他のページを読むことなく、Webサイトを離脱したユーザーの比率です。

直帰率が高いWebサイトは、「Webサイト自体のデザイン・構成が悪い」、「Webサイトに訪問したユーザーが、あなたのターゲットとずれていた」の大きく2つの場合があります。

 

前者が原因の場合、Webサイトの改修が必要ですが、後者の場合は集客の仕方を変える必要があります。前者と後者では、対策がまったく異なってきますので、注意してください。

 

 

新規セッション率

訪問者全体における、新規訪問者の割合です。

新規と再訪者のベストなバランスというものはありませんが、施策によりバランスを取りながら、ある程度コントロールしていくことが望まれます。

 

 

時系列で比較する

 

Googleアナリティクス 時系列比較
Googleアナリティクス 時系列比較
時系列比較 拡大画面
時系列比較 拡大画面

 

 

画面右上の「比較」のチェックボックスをオンにして「適用」ボタンを押すと、過去の期間と、それぞれの数値を比較できます。

比較できる期間は「カスタム」「前の期間」「前年」となっています。

 

現状のユーザーの行動を、任意の期間の行動と比較することにより、Webサイトの運営がうまく行っているのかどうか、うまく行っていないとすれば、どこに手を入れればよいのか、ヒントが見えてきます。

 

 

2.Googleアナリティクス「集客」レポート

 

「集客」レポートでは、「あなたのサイトに、どこからユーザーが訪問したか」が分かります。

また、「どこから訪問したか」という属性別に、ユーザーの行動を分析できます。

 

 

Googleアナリティクス「集客」レポート画面の使い方

 

Googleアナリティクス基本画面の「レポート」の3番目に「集客」の項目があります。

 

今回は「集客 > すべてのトラフィック > チャネル」を選びます。

 

下図のような画面が表示されます。

 

Googleアナリティクス 集客画面
Googleアナリティクス 集客画面

 

 

あなたのサイトに訪問する前のサイトやツールを「流入元」といいます。

流入元は、大きく以下の4つとなります。

 

Organic Search : 検索エンジン経由の流入です(GoogleやYahooなど)

 

Social : ソーシャルメディア経由の流入です(Facebook、Twitter、Google+など)

 

Referral : 検索エンジンやソーシャルメディア以外のサイトからの流入です

 

Direct : ノーリファラーともいいます。URLの直接入力やお気に入り、メールマガジンなどからの流入があります。

 

それぞれの流入元は、さらに詳細を確認できます。

たとえば、Organic Searchであれば、「Google」「Yahoo!」など、それぞれの検索エンジン経由の流入数も分かります。

 

さらに流入数ごとにセッション数、ページ/セッション数、平均セッション時間、直帰率、新規セッション率なども分かります。

 

つまり、それぞれの流入元からのユーザー動向が分析できます。

 

その結果、どの流入元のユーザーに対し、どのような施策を行ったら、あなたのビジネス上のメリットがあるか、判断できるようになります。

 

たとえば、

 

「Twitter経由で訪問したユーザーは直帰が多いが、検索エンジン経由で訪問したユーザーは多くのページを遷移している。どうやら、検索エンジン経由のユーザーの方が、ビジネス上の目的に貢献してくれそうだ」

 

という判断ができれば、今後、検索エンジン経由のユーザーを増やす施策を強化すればよいことになります。

 

 

 

3.Googleアナリティクス「行動」レポート

 

「行動」レポートでは、ユーザーがあなたのWebサイトに訪問してからの行動を分析できます。

 

Googleアナリティクス「行動」レポート画面の使い方

 

Googleアナリティクス基本画面の「レポート」の3番目に「行動」の項目があります。

 

「行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ」を選びます。

 

下図のような画面が表示されます。

 

Googleアナリティクス 行動画面
Googleアナリティクス 行動画面

 

 

ここでは、あなたのWebサイト内の各ページごとの分析ができます。

 

ページごとに確認できるデータは

 

・ぺージビュー数

・ページ別訪問数

・平均ページ滞在時間

・閲覧開始数

・直帰率

・離脱率

 

などがあります。

 

つまり、あなたのサイトの中でのユーザーの行動が丸わかりになってしまうのです。

その結果、「どのページがユーザーに支持されているのか、いないのか」など、改善すべきページのヒントが手に入ります。

 

 

 

4.まとめ

 

今回は、Googleアナリティクス初心者の方向けに、「ユーザー」「集客」「行動」の3レポート画面の使い方をご説明しました。

 

様々な機能を持つGoogleアナリティクスですが、まずは、この3つのレポートを使い方をマスターするだけでも、Webサイトについて、かなり有用なデータが手に入ることがお分かりかとお思います。

 

この記事を読み終わった後、ぜひ一度、Googleアナリティクスを実際に使ってみてください。

 

実際に体験することこそ、一番の理解の早道だと考えています。

 

関連記事:【Web分析 超入門!】 ポイントを絞ったWeb分析で成果を上げる! 【目標設定編】