ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

あなたは「共起語」という言葉をご存知でしょうか。

 

この記事では、

 

・共起語とは何か

・共起語とSEO対策の関係

・共起語を利用して、作成するコンテンツの品質をさらに高める方法

 

などについてお伝えします。

 

共起語とは
共起語とは

 

 

 

共起語とは何か

 

共起語とは、あるキーワードを文章に書く場合に、そのキーワードと一緒に使われることが多い単語のことをいいます。

 

Wikipediaでは、「共起」について以下のとおり説明されています。 

 

共起(きょうき)は、ある単語がある文章(または文)中に出たとき、その文章(文)中に別の限られた単語が頻繁に出現すること。

 

たとえば、「ラーメン」というキーワードに対しては、

 

「醤油」「味噌」「とんこつ」

「東京」「北海道」「博多」

「おいしい」「マズイ」

「餃子」「スープ」「麺」

「店主」「二郎」

 

などのキーワードが、同じコンテンツの中に出現する可能性が高くなると思います。

 

これらが共起語にあたります。

 

 

 

共起語とSEO対策の関連性

 

共起語とSEO対策は、どのように関連するのでしょうか。

 

そもそもSEO対策においては、Googleなど検索エンジンに対して、

 

「この記事は、〇〇というキーワードについて書かれたものですよ」

 

と、きちんと伝えることが基本です。

 

そのために、SEO対策では、ターゲットとする検索キーワードを、記事のタイトルに入れたり、見出しに使ったりすることはご存知でしょう。

 

しかし、それだけでは、検索エンジンは

 

「この記事は〇〇というキーワードについて書かれていること」

 

を把握することはできますが、

 

「この記事の品質が高いのか、低いのか」

 

を判断することはできません。

 

なぜならば、

現在の検索エンジンの中身はロボット(人工知能=AI)であり、人間のように記事を読み、自らの主観で記事の品質を評価することはできないからです。

 

そこで、検索エンジンは、記事の品質の高低を判断するために、

 

「記事の中に、〇〇というキーワードに関する共起語がどれぐらい入っているか」

 

を参考とします。

 

※ちなみに、共起語という概念は、もともとは人工知能=AIの研究で使われていたものです。

 

以上のように、検索エンジンは、記事(Webコンテンツ)の品質の評価に共起語を利用しているのです。

 

 

 

共起語ありきのWebライティングはNG

 

「検索エンジンはコンテンツの評価において、共起語の有無を評価材料としている」

 

だからといって、共起語ありきで記事を作成しては本末転倒です。

 

Googleは「ユーザーに価値あるコンテンツを評価する」ことを表明しています。

 

そのため、あなたは大原則として

 

「この記事は、本当にユーザーにとって価値がある記事であるか」

 

を考え抜いて記事にするべきです。

 

そうした執筆プロセスの中で、自然な形で共起語も含まれていくことでしょう。

 

 

 

よりよいコンテンツを作るための、共起語検索ツールの使い方

 

それでは、ユーザーに価値あるコンテンツ(記事)を作成するためには、共起語のことを、まったく無視したほうがよいのでしょうか。

 

そうではありません。

 

ユーザーに価値提供することを目的に作った記事を、さらにギリギリまでブラッシュアップするために、共起語が使えます。

 

具体的には、ターゲットとするキーワードの共起語一覧を見ることにより、

 

 

・記事で使っている単語のなかに、より分かりやすい単語に置き換えられるものはないか?

 (共起語のほうが、より一般的に使われているワードであるケースがよくある)

 

・記事に新たな関連トピックを増やしたほうが、よりユーザーにとって価値があるのではないか?

 (共起語をみて、記事の網羅性に欠けていた部分に気づかされるケースがある)

 

 

などの気づきを得る効果があるのです。

 

そこで使いたいのが、「共起語検索ツール」です。

 

共起語検索
共起語検索

 

http://neoinspire.net/cooccur/

 

 

 

 

たとえば、「共起語」というキーワードを入力して、「共起語」の共起語を確認すると、以下のような出力がされます。

 

<「共起語」の共起語>

・共起

・SEO

・キーワード

・コンテンツ

・サイト

・検索

・ツール

・文章

・情報

・記事

・ページ

・言葉

・対策

・ワード

・方法

・表示

・ショップ

・Google

・アフィリエイト

・作成

・単語

・順位

・上位

・決済  

 

 

これらを見て、

 

「よりユーザーにとって価値あるコンテンツにブラッシュアップできないか」

 

を考えていきましょう。

 

ただし、くれぐれもやってはいけないことは

 

「コンテンツの意図に関係ない共起語を、無理やり入れ込む」

 

ことです。

 

 

たとえば、「ラーメン」の「共起語」に「味噌」「北海道」があるからといって、「とんこつラーメン」についての専門的な記事に「味噌」「北海道」などの単語を無理やり入れ込むのは、記事の目的に合いませんし、読者にとっても不要な情報でしょう。

 

繰り返しになりますが、あくまでもユーザーにとっての価値を大前提にして、共起語の利用を考えていくようにしましょう。

 

 

 

実際に共起語検索ツールを使ったブログ記事の事例

 

このブログの前回記事も、共起語検索ツールを利用してブラッシュアップしました。

 

前回記事:カスタマージャーニーマップとは何か、カスタマージャーニーマップの意味や作り方を知る

 

 

共起語検索ツールに「カスタマージャーニー」と入れると、以下の共起語が表示されます。

 

 

・カスタマー

・ジャーニー

・顧客

・マップ

・マーケティング

・サービス

・情報

・広告

・行動

・作成

・デジタル

・サイト

・Web

・分析

・ユーザー

・UX

・株式会社

・課題

・ペルソナ

 

最初に原稿を作成した段階で、上記のほとんどの共起語は抑えていたのですが、「UX」という単語は利用していませんでした。

 

しかし、この共起語一覧を見て、

 

「カスタマージャーニーマップとUXの関係について記述を追加することは、ユーザーにとってより為になるだろう」

 

と考え、以下の記述を追加しました(引用)。

 

なお、カスタマージャーニーマップは、もともとはUX(ユーザーエクスペリエンス)の分析のために使われるようになり、その後、その有用性からコンテンツマーケティングを始め、マーケティング全般で利用されるようになっています。

 

逆に、共起語の中に「株式会社」という単語もありますが、こちらはユーザーに価値ある記述を追加できそうになかったため、特に記事中に取り入れていません。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回は

 

・共起語とは何か

・共起語とSEO対策の関連性

・価値あるコンテンツを作るための共起語の利用法

・共起語検索ツールの使い方

・共起語検索ツールを使ったブログ記事の修正例

 

をご説明しました。

 

ぜひ、ブログ記事をはじめ、Webコンテンツを作成する際には試してみてください。

 

よりユーザにとって有益で、SEO効果も高い記事が完成するはずです。