ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

 

Facebookには、グループという機能があります。

 

グループ機能は、同じ趣味や目的を持った仲間が集まる、言わば「電子掲示板」です。

 

Facebookの個人アカウントでは、「どちらかが申請して、相手が承認した」場合のみ「友達」となって交流できることが原則です。

 

しかし、グループ機能では、「友達」ではない者同士でも、同じグループのメンバーであれば交流できます。

 

この機能、誰でも簡単に立ち上げることができるため、多くのグループがFacebook内に存在します。

 

数千人のメンバーがいるグループも珍しくありません。

 

同じ趣味や目的を持った者同士が集まっていますので、活発に議論がやりとりされるグループが多くあります。

 

Facebookグループ機能の怖い使い方
Facebookグループ機能の怖い使い方

 

 

 

私も、とあるグループに参加しており、そこでみなさんの投稿を楽しく読ませて頂いています。

 

しかし、時々、残念な方をお見受けすることがあります。

 

自分の投稿を連続して行う方などがそうです。

 

例えば、「料理」をテーマにしたグループがあったとしましょう。(この「料理」は仮のテーマです)

 

そこに、料理教室の先生が新たに参加してきて、自分の料理教室の写真などを連続投稿する。

いや、狙いは分かります。営業に一生懸命なのでしょう。

 

しかし、その意図があまりにも透け過ぎていて、こちらとしては興ざめですし、第一、他の様々なメンバーの投稿が、掲示板の下の方に送られるので、探してチェックするのが大変です。

 

「困ったなぁ」と思っていたら、ある日、その先生は連続投稿をやめました。

 

おそらく、管理人の方から「連続投稿を控える旨」、個別メッセージでも届いたのではないでしょうか。

 

その先生は、投稿を毎日1つだけにするようになりました。

 

正直、私は助かった!と思いましたし、他の参加者の方も、同じ気持ちでしょう。

 

しかし、2~3日して、また困ったことが起きました。

 

そのグループにログインしてみると、掲示板の最新の投稿が、その先生の投稿ばかりなのです。

 

投稿日付を見てみると、1日に1回しか投稿していないのは間違いありません。

 

「では、どうして」

 

・・・その理由は分かりました。

 

その先生の投稿には、どれも沢山のコメントが付いているのです。

 

Facebookのグループ機能には、古い投稿でも、コメントが付くたびに一番最新の場所(掲示板のトップ)に表示されるようになっています。

 

これは「人気の投稿や話題になっている投稿が、見やすいように」というFacebookの機能(仕様)のためです。

 

私は、その先生の投稿を、そんなに面白いとは思わなかったのですが、

 

「コメントが沢山付くぐらいだから、人気なのかなぁ」と思って、コメントを1つずつ見てみると、驚きました!

 

すべてのコメントは、その先生自らが付けていたのです!

 

もちろん、どうでも良い内容で…

 

・・・いやぁ、連続投稿しなくなったと思ったら、今度は頭を使って、なんとかして自分の投稿を目立つ場所に持ってきたい、と思っているのですね。。。

 

本当に涙ぐましい努力です。。。。が、

 

これ、どう考えても、私以外にもほとんどの参加メンバーの方に煙たがられていると思います。

 

一生懸命努力して、マイナスなブランディングをしているなんて・・・

リアル社会で、こんなことをしたら速攻相手にされなくなると思うのですが、まぁ、グループのメンバーのみなさん、大人なのでスルーしているのでしょうね。

 

「人のふりみてわがふり直せ」

 

なんて言葉がありますが、本当に、ソーシャルメディアの間違った使い方の恐ろしさを思い知りました。

 

私も、今後とも精進いたします。。。

 

 

<2014年1月の記事を再構成しました>