ビジネスとマーケティングの上り坂

ブログ形式でビジネスやWebマーケティングに関するノウハウや最新情報などをお届けします。

こんにちは。

 

現在、インターネット閲覧デバイスの主役は、パソコンからスマートフォンに変わってきていますが、

このような状況の中、Googleも数年前から検索エンジンにおいて「モバイルファースト」の対応を進めております。

 

モバイルファーストとは、簡単に言えば、検索エンジンに関する様々な施策において、PCよりスマートフォンへの対応を優先することです。

 

今回は、Googleのモバイルファーストの第1段階とも言える「モバイルフレンドリー」の施策についてご説明します。

 

モバイルフレンドリー自体は実施されて、もう2年にもなりますが、あまり詳細をご存じない方もいらっしゃるようです。

 

この機会に、ぜひ一度、チェックしてみてくださいね。

 

 

モバイルフレンドリーとは何か

 

モバイルフレンドリーとは、Googleが2015年4月から導入したアルゴリズムのことで、スマートフォンでの閲覧に適したページの評価を上げ、そうではないページの評価を下げるものです。

つまり、スマートフォンでの閲覧に適したページの方がGoogleの検索順位が上がりやすいということです。

 

このモバイルフレンドリーは、スマートフォンでの検索結果のみで反映されています。つまり、あなたのWebサイトをパソコンで検索した場合、検索結果の上位に表示されていたとしても、もしモバイルフレンドリー対応をしていなかったら、スマートフォンでの検索順位は下がっているかも知れません。

 

ちょっと怖いですね。

 

もう一点、モバイルフレンドリーアルゴリズムは、Webサイト全体ではなく、ページ単位で判定されます。

 

ですから、あなたのWebサイトの中にモバイルフレンドリーに対応したページと対応していないページがあった場合、それぞれの評価が違ってくるということになります。

 

 

モバイルフレンドリー対応の判定基準

 

モバイルフレンドリーに対応しているかどうかは、下記4つのポイントで判定されます。

 

 

(1)モバイル用のビューポートが設定されているか

 ビューポートとは、コンテンツの表示領域を指定するものです。たとえば「スマートフォンの場合、コンテンツの横幅のサイズをxxピクセル以内にする」などの指定がされているか、ということです。

 

(2)コンテンツの幅が画面の幅を超えていないか

 ビューポートを考慮したコンテンツになっているか、ということです。

 

(3)クリック可能な要素同士が近すぎていないか

たとえば、リンクの項目が隣接していると、スマートフォンではタッチして選択しにくいケースがあります。そのような箇所がないか、ということです。

 

(4)テキストが小さすぎていないか

 スマートフォンでテキストが小さい場合、視認性が悪くなりますので、そのようなことがないか、ということです。

 

 

Webページがモバイルフレンドリーに対応しているか確認する方法

 

(1)モバイルフレンドリーテストツールを利用する

 

Googleが提供している無料ツールです。

 

ページ単位にチェックするなら、こちらのツールが簡単です。

 

モバイルフレンドリーテストツール
モバイルフレンドリーテストツール

 

https://search.google.com/search-console/mobile-friendly

 

 

(2)サーチコンソール(SearchConsole)のモバイルユーザビリティでチェックする

 

あなたのWebサイトのページ数が多い場合、ページ単位でのチェックは煩雑でしょう。

 

Googleのサーチコンソール(SearchConsole)に登録してあるWebサイトでしたら、サーチコンソールからモバイルフレンドリーに対応していないページを一覧できます。

 

サーチコンソールの左側のメニュー > 検索トラフィック > モバイルユーザビリティ を選択してください。

 

モバイルユーザビリティ
モバイルユーザビリティ

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

あなたのWebサイトがモバイルフレンドリーに対応しているかどうか不明でしたら、すぐにチェックしてみてください。

 

そして、モバイルフレンドリーに対応していないようでしたら、ぜひ対策を検討することをお勧めします。

 

また、Googleはさらに、今後もモバイルファーストの施策を計画していますので、それについても、改めてブログに書きたいと思います。

 

業種やサービスにもよりますが、冒頭でも見たように、多くのWebサイトがパソコンよりスマートフォンで閲覧されているのは間違いありません。

 

ぜひ、モバイルファースト=スマートフォン対応をタイムリーに実施していきたいものですね。